電卓浮気や不倫の慰謝料の金額はなにか表になっていて自動的に決まるようなものではありません。その浮気関係がどれほどの期間、続いていたか、不貞行為の回数はどれくらいか、その浮気の結果として別居や離婚になったのか、子供はいるのかなどさまざまな事情が関係してきます。やはりその不貞行為の結果として夫婦が別居や離婚をすることになった場合は慰謝料の金額は増額の傾向になります。また浮気発覚の前に夫婦関係が円満であって、はっきりとその浮気のせいで夫婦関係が悪くなったと証明できる場合にも慰謝料は増額の傾向になります。

もしも元々夫婦関係が完全に破綻していた状態で、法律的にまだ離婚がなされていない時になされた浮気や不倫に関しては慰謝料請求自体認められない可能性もあるので、はやりしっかりと弁護士に相談しながら話を進めて行く必要があるでしょう。また浮気相手への慰謝料請求に関してですが、もしも浮気相手が、自分の交際相手が既婚者だと知らずに関係を持っていたような場合には浮気相手への慰謝料請求が難しくなるケースもあります。浮気による慰謝料請求の問題は本当に状況やケースで異なってきますので、なるべく実績のある弁護士事務所に相談するほうが良いでしょう。

Pocket