浮気調査と聞くと私立探偵などの仕事のようなイメージがあります。一方で浮気の慰謝料などを請求したりする場合にはきちんと弁護士を通して請求する人が多いです。弁護士に浮気問題などの相談をする場合に弁護士は法的な措置だけをやってくれて調査などはしてくれないのでしょうか。確かに弁護士は探偵さんではないので一日中張り込んで証拠の写真を撮ってきたりということはしません。浮気問題の相談において弁護士がやってくれる事というのはもちろん慰謝料の請求の手続きや交渉、親権や養育費に関しての相談、現在持っている証拠が浮気の証拠として十分かどうかの相談、さらに離婚の場合の財産分与に関する相談などがあります。ですから不貞行為が本当になされたかどうかの証拠集めは弁護士の仕事ではないというわけです。

弁護士もちろんどのような証拠を集めるべきかアドバイスはくれますが、実際にはやはり探偵事務所などに依頼をして必要な証拠集めをする人が多いです。近年では慰謝料目当ての詐欺という問題もあり、裁判でも不貞行為の証拠に関しては厳しく見られるので、曖昧な証拠ではなく、明確なものが必要になってきます。しかし探偵事務所と聞くとなんだかちょっとうさんくさく感じてしまう人も多いかもしれません。どうしたら法律にも通じた信頼できる探偵を探すことができるのでしょうか。一つには弁護士から紹介されるような探偵事務所はそれなりに信頼ができる事務所である可能性が高いと言えるでしょう。

プライバシーの保護

Pocket